先天異常とは、からだや内臓のかたち、働きに生れつきある異常を言います。
かたちの異常には、顔や手足など見てすぐわかる外表の異常と、心臓や腎臓などの内臓の異常があります。形成外科では、頭から足先までの外表の異常を、正常のかたち・働きに近づけることを治療目標としています。
正常のかたち・働きを獲得することで、こどもたちの身体的な成長発達はもちろんのこと、こころの発達もお手伝いできるよう、和歌山県立医科大学付属病院形成外科では慎重に治療を行なっています。
下記に形成外科で扱う主な疾患を示します。
以下の疾患以外でも、お子様の“かたち”に関わるお悩みは形成外科にご相談ください。

各所先天異常疾患名イメージ図