頭蓋、顔、顎の骨の高度な変形に対して頭と顔の骨を手術的に修正して形態や機能の改善を図ることを クラニオフェイシャルサージャリー と言います。
当 形成 外科開設当初より下顎前突症などの顎変形症の患者さんの治療に積極的に取り組んでいます。顎顔面骨の形態異常に伴う変形(顔面非対称)や咬み合わせ異常(咬合不全)の治療では、顎顔面骨の形態を改善するだけでなく同時に正しい咬合(かみ合わせ)を獲得する必要があります。そのためには矯正歯科医との協力体制が必要となります。当科では、県内の矯正歯科専門医と密な連携を取り合いながら手術を行っています。
当科は手術の胃管挿入やワイヤーによる強固な顎間固定など術後の患者さんのストレスにつながる処置は基本的に行ってはおりません。また手術の際に用いるプレートは金属・吸収性のいずれも使用しており、患者さんのご希望を事前に伺っております。