ケロイド(盛り上がった傷跡)

ケロイド・肥厚性瘢痕とは

正常な傷は、治る過程で一時的に赤みや硬さが目立っても、半年〜1年をかけて目立ちにくい白い傷となります。しかし、なんらかの異常で傷の治りが遅くなると、皮膚を作る線維細胞が過剰に産生され、その線維の増生で傷が赤くなり盛り上がった目立った傷となり、それを私たちは「ケロイド」や「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」と呼びます。
「肥厚性瘢痕」は、数年をかけて自然退縮しますが、「ケロイド」は、もともとの傷の範囲を越えて正常皮膚まで赤みや盛り上がりが広がり、退縮傾向を示しません。かゆみや痛みを伴う場合もあります。見た目で両者を明確に区別することは困難ですが、行う治療は両者でほとんど変わりません。

ケロイド・肥厚性瘢痕の治療

治療は、大きく分けて、外科的治療と保存的治療の二つがあります。

・外科的治療(手術)
最も根本的な治療で、盛り上がった部分を切除する方法です。当科では形成外科的手技を用いて縫合し、目立ちにくい傷を目指します。適宜、保存的療法(内服薬、圧迫療法、放射線療法など)を併用します。
・保存的治療(手術以外)
ステロイドの局所注射やステロイド含有テープを使用し、かゆみ・痛みといった症状の軽減や、盛り上がり・硬さの改善を目指します。

診察によっては、外科的治療が困難である場合もあります。まずは当科外来にて、ご相談ください。

関連リンク

ページトップアイコン