形成外科とは

形成外科とは、生まれつきや加齢、事故などにより生じた外表(身体の表面)の異常に対して、機能的のみならず形態的に、より美しくする外科学です。特定の臓器・組織を持たず、身体のあらゆる部位の再建を行う外科であり「美と血流の外科」とも称され、その診療範囲は外科系の中でも突出しております。
すなわち、頭から手足の先(爪)まで、あらゆる身体に生じた外表の変形(醜形)に対して、様々な手技を用いて、患者さんの「心」を変える(コンプレックスを解消する)科です。
以下に代表的な疾患を示します。
何か気になることがあれば 和歌山県立医科大学付属病院形成外科を受診ください。

取り扱っている代表疾患

外傷 顔のけが(顔面骨の骨折)
手足の外傷・切断指
咬傷
熱傷(やけど)
外傷後・手術後の瘢痕(傷あと)
腫瘍 皮膚のできもの
皮膚癌
母斑(黒子・あざ・しみ)母斑症
血管腫(赤あざ)
ケロイド、肥厚性瘢痕(盛り上がった傷あと)
先天異常 顔面奇形(顔面裂、口唇裂、口蓋裂、小耳症など)
手足の奇形(多指症、合指症など)
臍ヘルニア(でべそ)
腫瘍切除後の再建 乳房再建(女性化乳房、陥没乳頭、乳癌術後)
頭頚部癌後の再建
顔面神経麻痺
その他 腋臭症(わきが)、陥入爪(巻き爪)
眼瞼下垂症、睫毛内反症(逆まつげ)、鼻涙管損傷
甲状腺眼症(バセドウ病)
リンパ浮腫
刺青やリストカットの除去(自責)

専門分野

マイクロサージャリー(再建外科、リンパ浮腫
クラニオフェイシャルサージャリー(頭蓋顎顔面外科)
眼形成外科(眼瞼下垂症、甲状腺眼症)
血管腫、血管奇形の治療